東南アジア大手のテック系ベンチャーキャピタルと業務提携 〜オプティが東南アジアのテック系企業向け投資の橋頭堡に〜

                              

2019年912

オプティ株式会社

ヴィンキャピタル

 

タックステック大手のオプティ株式会社(代表取締役 淵上暁、山崎卓馬)と、東南アジアの大手ベンチャーキャピタルであるヴィンキャピタル(代表 ヴィクター・チュア)は本日、日本企業による東南アジアのテック系企業向け投資の橋渡しとなるエコシステムを構築するべく、業務提携をしたことをお知らせします。

 

ヴィンキャピタルとは
ヴィンキャピタルはマレーシアを拠点とする大手のテック系ベンチャーキャピタルで、東南アジア全域のスタートアップ企業への投資を手掛けています。特徴はテック系地場企業の発掘力と投資後のバリューアップであり、エンターテイメント、不動産、食品、金融、及び女性のライフスタイルといった分野でのテック系企業が投資ターゲットです。既に、日本を始めとするアジアの投資家の資産を相当規模、運用しています。

オプティの狙い
オプティは2010年の設立以降、大手企業を中心に400社以上の日系企業の海外進出を支援しております。今回、東南アジアのスタートアップ企業に強いベンチャーキャピタルと提携し、アドバイザリー事業を開始することにいたしました。日本と東南アジアという2つの地域のスタートアップエコシステムを結びつけ、日本から東南アジアへの投資の架け橋になることで、日本経済に貢献することを図ります。

ヴィンキャピタルの狙い
ヴィンキャピタルは、東南アジアのテック系企業のエコシステムに強いネットワークを持っています。今回の提携により、日本の投資家とのリレーションシップをオプティが行うことで、日系企業からの関心をさらに喚起することができます。ヴィンキャピタルは、東南アジアのスタートアップ企業が早い段階で資金調達を可能にすることにより、各国のGDPへ貢献することを図ります。

両社の狙い
オプティは国際税務面でオートメーション化を進めており、テック系に強いヴィンキャピタルとはシナジーがあります。この提携により、両者の強みを生かしながら、新しいテクノロジーにより東南アジアと日本が豊かになることを目指してまいります。

オプティとは
タックス(税務)テックの最大手で、欧州VATの登録・申告・還付・コンサルティング、及び投資アドバイザリーに強み。東京とオランダに拠点を有する。一般社団法人フィンテック協会、新経済連盟、国際VAT協会に加盟。

OPTI_LOGO_W_v2-1

会社情報
会社名:オプティ株式会社
住所 :東京都千代田区内神田1-2-2 小川ビル4階
電話 :03-4530-9826(代表)
代表 :淵上 暁、山崎 卓馬
URL :https://www.opti.co.jp

 

ヴィンキャピタル(Vynn Capital)の詳細

歴史
このベンチャーキャピタルは、東南アジアに本拠を置くゴビ・パートナーズのヴァイスプレジデントであったヴィクター・チュア氏によって2018年に設立されました。チュア氏は、マレーシア政府が支援するベンチャーキャピタル会社であるマレーシア・ベンチャーキャピタル・マネジメント会社(MAVCAP社)に長く勤務し、東南アジア全域のスタートアップ企業への投資実績と相当なネットワークを有しています。

投資対象
ヴィンキャピタルの設立は、テクノロジーを通じて伝統産業と新しい経済のギャップを埋めることを目的としており、スタートアップの段階の企業への投資を目論んでいます。ターゲットとなる主要産業は、旅行、不動産、食品、女性生活支援、物流、金融などの分野で、IT技術と組み合わせた新しいビジネスモデルをもつユニークな会社に成長資金を供与しております。

投資実績
これまでに、インドネシアのTravelio社(旅行テック)やPomona社(広告テック)、マレーシアのCarsome社(自動車オークションテック)やDropee社(流通テック)に投資をしてきた実績があり、さらに幾つもの投資候補先を有しています。

地域
現在、マレーシアを本拠地として、シンガポール、インドネシア、ベトナム、タイ、そしてミャンマーで活動しています。2019年6月には、ベトナム政府との提携も発表しました。

目標
これまでに、前述のMAVCAP社を始めとする東南アジアや日本の機関投資家や個人投資家から資産を預かっており、40百万米ドルの運用規模を目指しています。成長著しいIT(テック)系スタートアップ企業への投資をメインにしているため、IRRは年率30%を目指しています。ヴィンキャピタルはオプティとの今回の提携を機に、日本の投資家からの更なる投資を募っています。

最後にお伝えしたいこと
ヴィンキャピタルを通じた東南アジアの成長企業への投資、またはヴィンキャピタルの既存投資先、そのいずれかに興味のある日本の投資家がいらっしゃれば、オプティ株式会社(担当:山崎)までご連絡ください。

vynncapital

会社情報
会社名:Vynn Capital
代表 :Victor Cha
URL :https://www.vynncapital.com/

ヴィンキャピタル既存投資先(国名)
1 旅行テックTravelio社(インドネシア)
https://www.travelio.com/en/ 

 

2 広告テックPomona社(インドネシア)
https://web.pomona.id

     
3 自動車オークションテックCarsome社(マレーシア)
https://www.carsome.my/v3/?

 

4 流通テックDropee社(マレーシア)
https://www.dropee.com/

 

問い合わせ先

会社名:オプティ株式会社
住所 :東京都千代田区内神田1-2-2 小川ビル4階
電話 :03-4530-9826(代表)
担当 :山崎 卓馬(共同代表取締役)
メール:yamazaki@opti.co.jp
URL :https://www.opti.co.jp/

ヴィンキャピタル  代表 ヴィクター・チュア vc@vynncapital.com(英語のみ)