EORI番号登録

7 欧州での輸入や輸出の際にはEORI番号という番号の取得が必要となります。
 EORI番号は税番号であるVAT登録とは異なり、輸出入に利用する番号です。
 欧州ビジネスを立ち上げたい企業様の多くはVAT登録と同時にEORI番号を取得されるお客様が多いです。

 EORI番号は一度取得してしまえばその後は申告などの必要はありません。
 今後、欧州地域への輸出を考えている企業様は是非ご検討くださいませ。

 お問い合わせ

EORI番号登録(EORIナンバーの取得)

networking-in-office-P345PVW

EORI番号とは

EORI番号とは、Economic Operators Registration and Identificationの略で、事業者登録・識別(EORI)システムと呼ばれています。

EORI番号とは、2 文字のアルファベットからなる国番号と、それに続く 14 あるいは 15ケタの数字とアルファベットで構成されています。一加盟国で取得したEORI番号はその他の加盟国内でも有効となります。EORI 番号の取得により、通関手続きの際の企業の識別や税関当局間の連絡が容易になるため、事業者の負担を削減し、迅速かつ円滑な手続きの処理が可能となります。

EU 域内の事業者は、事業を行なおうとしている加盟国内税関当局において EORI番号を取得しなければなりません。また、EU 域外の事業者についても、EU 域内で関税申告、AEO の申請、簡素化関税手続きの申請を行う場合は、最初に手続きを行う加盟国の税関当局において同番号を取得する必要があります。基本的に事業者は事業開始前に EORI番号の申請を行わねばなりません。EORI番号は税関に登録されるEU共通の企業番号となります。

当社では、EU域内に物品を輸出(欧州側から見ると輸入)する企業には全て取得するよう御願いしています。何故なら、EORI番号の取得により様々な税務上のメリットがあるからです。

EORI番号を取得したらできること

ダウンロード (1)

EORI番号取得により、欧州地域からの輸出や、欧州地域での輸入(日本から言うと輸出)ができるようになります。
加えて、欧州への輸出時にEORI番号をフォワーダーに伝えることにより、欧州への輸入時に掛かる付加価値税の控除にも必要な番号となります。

 

欧州EORI番号と英国EORI番号

EORI番号につきましては、欧州EORI番号と英国EORI番号があります。
2021年1月以前、英国は欧州連合の加盟国でしたが、2021年1月以降BREXITにより欧州連合から脱退しました。
このため、英国に物品をDDP条件で輸出したい場合(すなわち英国で物品輸入を行う場合)、英国EORI番号を取得する必要があります。

 

新規CTA新規CTA新規CTA

関連E-book

はじめてのVAT還付 はじめてのVAT登録 越境ECのVAT

関連するお客様の声

新規CTA 新規CTA 巴工業

EORI番号の登録に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ