VATデータベース

VAT Database

資産の譲渡

三角取引とは

 

 三角取引とは、同一資産を対象とする資産の譲渡に、異なる加盟国の三人の事業者がかかわり、資産が最初の事業者から最後の事業者に直送されるような取引です。三角取引は連鎖取引の一種です。

 

【例】

フランスで生産された衣料品をフランスの製造業者がドイツの仲介業者を通じてオランダの小売店に販売。衣料品はフランスの製造業者の倉庫からオランダの小売店に直送される。

三角取引の簡素化ルール

 

 連鎖取引の課税の仕組みを使うと、三角取引の場合にも、中間事業者が出荷国または着荷国で付加価値税の納税義務を果たさなければなりません。三角取引の簡素化ルールの立法趣旨としては、出荷国または着荷濃くに設立された者ではない中間事業者が、自らの加盟国でVATの申告義務を果たせるようにするためになります。

 

 三角取引の簡素化ルールは、指令上の以下の複数の条文の組み合わせから成立しています。

 

【42条】

中間事業者が利用するVATID番号を発行した加盟国でのみなしEU域内取得の適用除外

【1381項】

出荷地である加盟国でのEU域内非課税納品

【141条】

着荷地である加盟国でのEU域内取得の課税免除

【197条】

中間事業者で行う資産の譲渡へのリバースチャージ制度の適用

 

上記からのように非常に複雑な制度であると同時に、重要性も高い制度になります。そのため、制度自体の正確な理解と共に、出荷地と仕向地である加盟国での現地法の確認が必須です。

 

 

 

 

新規CTA
新規CTA
アップルとアマゾンへの巨額追徴税
E-bookセンター 
お客様の声

最新の記事

VAT登録
VAT還付

オプティへのお問い合わせはこちら

お問い合わせ