Amazon/eBay/Rakuten向け
欧州VAT登録・VAT申告

opti_B_master

欧州のアマゾンでの物品販売の際、現地の税番号であるVAT番号の入力が求められます。多くのEU諸国では欧州アマゾンにおいて非EU企業による販売の際のVAT登録をより厳格に対応してきており、これを怠るとアカウント凍結(サスペンド)状態にまで陥り、売上がストップしてしまいます。オプティでは越境ECを熟知したメンバーがVAT登録やEORI番号の取得、Intrastat申告などのサービスを展開、貴社のニーズに沿った対応が可能です。加えて日本企業が陥りやすい問題を多く見ており、これらを対応できます。格安のプランから手厚いサポートのプランまでご用意しています。

お問い合わせ

EORI番号/Intrastat/ESL

Industrial port at dawn at the Port of Casablanca, Morocco.

Economic Operator Registration & Identification Number (EORI番号)は欧州連合加盟国への輸入や欧州連合加盟国からの輸出の際に必須となる番号です。EORI番号はEORI番号保有企業を特定化し、EU通関時の出荷に利用されます。EORI番号が無いと多くの場合物品の輸出入が止められてしまいます。

欧州マーケットプレイスにて現地FBA倉庫を利用して物品販売を実施する場合、当該EORI番号は必須となります。また、VAT登録同様に必要とされるIntrastat申告やESL申告も対応しています。

FBM/FBA/Pan EU/EFN

amazon

AmazonやeBay等ではフルフィルメントサービス(FBA : Fulfilment By Amazon)と呼ばれるサービスを提供しています。これは貴社の所有物はこれらのマーケットプレイスの倉庫にて保管され、マーケットプレイス上でこれらの物品が販売された場合に梱包作業や出荷作業をマーケットプレイスが貴社の代わりに行うものです。

このようなケースの場合、現地の税登録や申告が必要な場合が発生します。当社では単なるFBAケースからより複雑なケースまで対応しています。一度是非ご相談くださいませ。

Amazonデータ自動申告

Double exposure of businessman shows modern technology as concept

当社ではAmazon.ukに関するVAT登録及びVAT申告を多く取り扱っております。このため、単なる税務コンサルティングではなく、欧州Amazonの実態に即した申告を行うことが可能です。

その一つがAmazonの取引データからの自動申告。当社ではお客様の取引データから自動的に仕向地や購入者毎に異なる課税処理を行います。

欧州Amazon全域をカバー

close up of businessman hand showing texture the world with digital social media network diagram concept Elements of this image furnished by NASA london city background

欧州Amazon販売を行う際は、当初はAmazon.ukから攻めますが、その後はAmazon.frやAmazon.deに進出される企業/個人の方が多いです。また最近ではPan EUプログラムはじめ、複数のAmazonを同時に開設し、同時に複数のAmazon販売を行う企業/個人の方も増加しています。

当社では複数のAmazonでの税務登録・税務申告を支援しており、ワンストップで対応可能です。

輸入VAT還付申告

Container ship

欧州AmazonにFBA条件で販売する際、又、DDP条件で物品を欧州に輸出する際、現地の輸入VATの支払いが発生します。当社ではこれらの輸入VATの還付や控除を対応しています。

現地輸入VATは20%程と高率であり、商品金額に対して大きなインパクトが発生します。当社ではこのような輸入VATを還付し、貴社ビジネスの収益率を大幅に改善します。

(*)3PL業者によるAmazon販売の場合は、輸入VAT還付対象外となるため、対応しておりません。

価格戦略対応

Price Controller on Black Control Console with Blue Backlight. Improvement, regulation, control or management concept.欧州での物品販売の際、価格と税、しきい値、そして利益を考えておかなければなりません。特に、越境EC販売については、日本からの直接販売の他、現地倉庫を利用する場合、複数の現地倉庫を利用する場合、物流業者による輸出対応等様々なケースがあるからです。

当社では、クライアントの海外販促をサポートさせて頂くべく、価格戦略につきましてもサポートさせて頂いております。

税務コンプライアンスを遵守した持続可能な越境EC経営を支援
 
海外のマーケットプレイスで物品販売を行う際はたとえ非居住企業である日本の企業であれ個人であれ、必ず現地のVAT番号を取得し、定期的に税務申告及び納税義務があります。当社では大手企業500社以上の実績と官公庁へのアドバイザリーを含めた税務コンサルティングを強みとし、AmazonやeBay等マーケットプレイスの越境EC周りの税務サポートを強力に支援しております。これらの地域での税務登録や申告につきまして、国内屈指の実績を誇ります。
 
現在EUの税務当局では英国やドイツはじめ、越境ECの非居住企業セラーに狙いを絞っております。
たとえ一時的にVAT番号がない状態で販売を進めても、数年後に追徴課税が発生する例を多く見てきております。
そのような時、後から巨額の重加算税を支払うのではなく、事前に準備段階からご支援させて頂ければと常々思います。
 
当社は税務面を無視した個人のAmazonセラーは相手にしません。当社は税務面でのコンプライアンスを重視した当たり前の経営を行っている企業様と持続可能なお付き合いをさせていただいております。結果、多くの企業様にご選択頂いております。
 
是非コンプライアンスに基づいた越境EC展開をご支援させてください。

Amazon輸出の税務

Woman sigining electronic receipt of delivered package

1, FBM販売(直接出荷)の場合

〜国際郵便を利用して、日本から顧客に直接配送する場合はVATの登録は不要。〜

FBAとは、Fulfilment By Merchantの略で、AmazonやeBay等のマーケットプレイスで顧客から注文がある度にセラー自身が国際郵便で商品を欧州に輸出する販売方法を指します。

このように国際郵便を利用した直接出荷(FBM販売)の場合には、欧州VAT法上の課税活動に該当しません。このため、VAT登録は不要となります。

 

Portrait of male manager using digital tablet in warehouse

2, FBA販売

〜FBAを使って€1でも販売する場合、事前のVAT登録が必要。〜

EU加盟国の事業者の場合は、各加盟国毎にしきい値があり、当該しきい値を超えない限り別の加盟国でVAT登録をする必要はありません。しかし、日本企業含め非EU加盟国の事業者の場合は、FBA倉庫を使って販売を行った場合は、このようなしきい値を使うことができません。このため、€1以上の売上が発生する場合には、当該FBA所在国にて事前にVAT登録を行う必要があります。

(*) FBA=Fulfilment by Amazon

Shopping Concept - Small Flag on a Map Background with Selective Focus.

3, EFNを利用したFBA販売

〜FBA倉庫のある国での事前のVAT登録の他、しきい値を超えた国でのVAT登録が必要。〜

Amazonが展開するFBA倉庫に商品を起き、消費者通信販売の特例(Distance Selling)を利用し、FBA倉庫のある国の顧客のみならず、欧州全土の顧客に商品を販売する方法を指します。この場合、下記に記すしきい値を超えた場合に、しきい値を超えた国でのVAT登録を行う義務があります。

なお、FBA倉庫国でのVAT登録は済ませておく必要がありますのでご注意下さい。

sunset near Trafalgar square, London, UK

4, Pan EUプログラムでのFBA販売

〜FBA倉庫のある欧州全土の国でVAT登録が必要。また、しきい値を超えた国でのVAT登録が必要。〜

Amazonでは、"Pan EUプログラム"という制度があります。これは、Amazon内の過去の需要予測に基づき、Amazon側がセラーの在庫を移動するプログラムです。セラーは1箇所のFBA倉庫に商品を送付するだけで、後はAmazonが商品を移動するのでセラー側からしたらより販売しやすくなります。

その一方、在庫がFBA倉庫のある国全てに移動されるリスクがあるため、FBA倉庫を有する全ての国で事前のVAT登録が必要となります。

Courier man with cardboard boxes against logistics concept

5, 配送業者(3PL)を利用し、3PLが代行販売を行う形態

〜現地での販売活動がある場合、VAT登録が必要。輸入VAT還付が出来ないリスクとサスペンドリスクも。〜

配送業者の中には、日本で物品を受領したものを欧州で販売するようなサービスもあります。この場合においても現地での販売主体となる場合では現地でのVAT登録が必要となります。また、配送業者のセラーアカウントを利用して商品を販売する場合、本来欧州域内の輸入VATの控除が可能であるにも関わらず、このような輸入VATが一切還付・控除されません。同様に、他のセラーと一緒に売ることによりサスペンドのリスクが大きいため、税務上のリスク以上にサスペンドリスクを認識・管理する必要があります。

 

 

 

スクリーンショット 2018-03-22 20.19.23.png

消費者通信販売の特例(Distance Selling)のしきい値一覧

 

欧州ではしきい値と呼ばれる売上のラインがあります。たとえ、1カ国でVAT登録をしたとしても、それ以外の加盟国への暦年(1月1日〜12月31日)の売上高がしきい値を超えた場合は、即座にこれらの国でVAT登録をしなければなりません。(注意:FBA倉庫のある国では€1以上の売上で現地VAT番号を取得義務があります。このため、下記のしきい値が関係ある企業は1カ国以上の国でのVAT登録を既に実施している企業です。)

欧州連合加盟国 国名 しきい値
   オーストリア 35,000Euro
   ベルギー 35,000Euro
   ブルガリア BGN 70,000
   クロアチア HRK 270,000
   キプロス 35,000Euro
   チェコ CQK 1,140,000
   デンマーク DKK 280,000
   エストニア 35,000Euro 
   フィンランド 35,000Euro 
   フランス 35,000Euro
   ドイツ 100,000Euro
   ギリシャ 35,000Euro
   ハンガリー 35,000Euro
   アイルランド 35,000Euro 
   イタリア 35,000Euro
   ラトビア 35,000Euro
   リトアニア 35,000Euro
   ルクセンブルク 100,000Euro
   マルタ 35,000Euro
   オランダ 100,000Euro
   ポーランド PLN 160,000
   ポルトガル 35,000Euro
   ルーマニア RON 118,000
   スロバキア 35,000Euro
   スロベニア 35,000Euro
   スペイン 35,000Euro
   スウェーデン SEK 320,000
   英国 GBP 70,000

 

Business woman cloud computing looking very happy using wireless technology

事例

【質問】

当社は日本に本社のある企業で、欧州には現地法人や支店などは有していません。当社では、欧州Amazonを利用して売上拡大を目指しています。現在、英国とイタリアのFBA倉庫を利用して欧州各国に対して商品を販売しようと考えています。

英国とイタリアのFBA倉庫からの1年間の販売予定金額は下記の金額です。
英国    10,000£/年
ドイツ 200,000Euro/年
スペイン 20,000Euro/年
イタリア 33,000Euro/年
ギリシャ 40,000Euro/年
この場合、当社はどの国でVAT登録をすべきですか。

【質問】

まず、貴社はFBA倉庫を利用しているため、英国とイタリアにて物品を輸入し、且つ物品を保管し、販売しています。このため、貴社は英国とイタリアにてVAT登録を行う必要があります。(これはたとえ販売金額が100£など少額の場合でも義務となります。)


次に、これらのFBA倉庫からドイツやスペイン、ギリシャ等への物品販売が行われる予定かと思いますが、現在の年間の販売予定金額を鑑みるに、ドイツとギリシャにおいて消費者通信販売の特例のしきい値を超えているため、ドイツとギリシャにてVAT登録を行う必要があります。

Amazonと税務に精通して貴社をサポート

close up of chalkboard with finance business graph

オプティ株式会社では欧州でのAmazonやeBay、楽天で販売するセラー様に対して最も多くの実績を有しております。当社は欧州税務についてのみならず、Amazonの販売形態についても最新の情報を絶えずアップデートしております。

また、Amazon関連コンサルティングや配送代行サービス等も提携ファームをご紹介しております。

クライアント企業様は大手企業から中小企業、個人まで多くのご利用者がおり、プランによりますが格安の金額でのサポートから、戦略面迄含めた手厚いサポートのものまでございます。

越境EC販売では、VAT申告のみならず各種統計申告等も必要となり、これらを無視して販売するとAmazonのサスペンド対象となるばかりか、税務上のペナルティを受けることもございます。そして過去の未申告分については重加算税が掛かり請求されるケースが後を立ちません。

当社ではこのようにペナルティ発生の場合等の最悪なケースの対応も行っておりますが、それ以前にコンプライアンスに基づいたVAT登録・VAT申告を対応しています。欧州アマゾンのVAT登録には是非ご用命くださいませ。

欧州Amazon/eBay/Rakuten向けVAT登録はオプティにお任せください

お問い合わせ

関連リンク

よくあるお問い合わせ

新規CTA      新規CTA
 
 
Payoneerフォーラム      Retail Without Borders 2018
 
新規CTA 
新規CTA
 

関連E-book

はじめてのVAT登録   越境ECのVAT 越境ECビジネス攻略

関連するお客様の声

お客様の声 巴工業  メガマックス