越境ECサイトのVAT登録対応

欧州のアマゾンでの物品販売の際、現地の税番号であるVAT番号の入力が求められます。これは例え日本企業であっても逃れることはできません。また、英国を中心として多くのEU諸国では欧州アマゾンにおいて非EU企業による販売の際のVAT登録をより厳格に対応してきています。オプティでは現地での最新の税務・法務に関する情報をたえず確認、コンプライアンスに基づいた対応をサポートしています。

お問い合わせ

EORI番号登録

Economic Operator Registration & Identification Number (EORI番号)は欧州連合加盟国への輸入や欧州連合加盟国からの輸出の際に必須となる番号です。EORI番号はEORI番号保有企業を特定化し、EU通関時の出荷に利用されます。EORI番号が無いと多くの場合物品の輸出入が止められてしまいます。

もしAmazonUK等での物品販売の際は、当該EORI番号は必須となります。当社ではEORI番号の登録を支援、多くの実績を誇ります。

FBA/フルフィルメントサービス

Amazon.comやAmazon.ukの特徴の一つとして、フルフィルメントサービス(FBA : Fulfilment By Amazon)が挙げられます。フルフィルメントサービスとは、貴社の所有物が欧州域内のアマゾンセンターで保管され、欧州アマゾン内でこれらの物品が販売された場合に梱包作業や出荷作業をアマゾンが貴社の代わりに行うものです。

このようなケースの場合、インボイスの記載方法も異なります。当社ではFBAのサービスの場合とそれ以外の場合とで異なるインボイス形式などもアドバイス。コンプライアンスに基づいたインボイス発行を支援します。

Amazonの取引データから自動申告

当社ではAmazon.ukに関するVAT登録及びVAT申告を多く取り扱っております。このため、単なる税務コンサルティングではなく、欧州Amazonの実態に即した申告を行うことが可能です。

その一つがAmazonの取引データからの自動申告。当社ではお客様の取引データから自動的に仕向地や購入者毎に異なる課税処理を行います。

欧州Amazon全域をカバー

欧州Amazon販売を行う際は、当初はAmazon.ukから攻めますが、その後はAmazon.frやAmazon.deに進出される企業/個人の方が多いです。また最近では複数のAmazonを同時に開設し、同時に複数のAmazon販売を行う企業/個人の方も増加しています。

当社では複数のAmazonでの税務登録・税務申告を支援しており、ワンストップで対応可能です。

価格戦略の相談も

欧州での物品販売の際、気にしなくてはいけないポイントが「価格」です。なぜなら、最終購買者までどのような税がどれだけ掛かって販売するか、また欧州での輸入通関時にどれだけの税を支払うかを事前に考えておかなくてはいけません。

当社では、クライアントの海外販促をサポートさせて頂くべく、価格戦略につきましてもサポートさせて頂いております。

新規CTA
コンプライアンスを遵守したECサイト展開を支援します
 
Amazon.ukで物品販売を行う際はたとえ日本の企業であれ個人であれ、必ず現地のVAT番号を取得し、定期的に税務申告を行う義務があります。またもしも納税ポジションであれば現地の税を支払う必要があります。 当社ではAmzzon.ukはじめ越境EC周りの税務サポートを強力に支援、国内有数の実績を誇ります。
現在EUの税務当局では越境ECに狙いを絞っております。是非コンプライアンスに基づいた越境EC展開をご支援させてください。

Amazon輸出の際の税務

1, FBA販売の場合
〜FBAを使って1£でも販売する場合、VAT登録が必要。

EU加盟国の事業者の場合は、各加盟国毎にしきい値があり、当該しきい値を超えない限り別の加盟国でVAT登録をする必要はありません。その一方、日本企業や米国企業のように、非EU加盟国の事業者の場合は、FBAを使って販売を行った場合は、当該FBA所在国にてVAT登録を行う必要があります。

 

2, 直接出荷の場合
〜国際郵便を利用した場合はVATの登録は不要。

国際郵便を利用した直接出荷の場合には、欧州VAT法上の課税活動に該当しません。このため、VAT登録は不要となります。

但し、配送サービス等を利用した場合で、加盟国での資産の譲渡などの課税条件を満たす場合には、VAT登録が必要な場合があります。すなわち直接出荷の例であるからと言って、VAT登録が免れる訳では無い点は注意が必要となります。

 

 

スクリーンショット 2018-03-22 20.19.23.png

しきい値について

欧州ではしきい値と呼ばれる売上のラインがあります。たとえ、1カ国でVAT登録をしたとしても、それ以外の加盟国への暦年(1月1日〜12月31日)の売上高がしきい値を超えた場合は、即座にこれらの国でVAT登録をしなければなりません。

国名 しきい値
   Austria 35,000Euro
   Belgium 35,000Euro
   Bulgaria BGN 70,000
   Croatia HRK 270,000
   Cyprus 35,000Euro
   Czech Republic CQK 1,140,000
   Denmark DKK 280,000
   Estonia 35,000Euro 
   Finland 35,000Euro 
   France 35,000Euro
   Germany 100,000Euro
   Greece 35,000Euro
   Hungary 35,000Euro
   Ireland  35,000Euro 
   Italy 35,000Euro
   Latvia 35,000Euro
   Lithuania 35,000Euro
   Luxembourg 100,000Euro
   Malta 35,000Euro
   Netherlands 100,000Euro
   Poland PLN 160,000
   Portugal 35,000Euro
   Romania RON 118,000
   Slovakia 35,000Euro
   Slovenia 35,000Euro
   Spain 35,000Euro
   Sweden SEK 320,000
   United Kingdom GBP 70,000

 

Working Hard-6.jpg

事例

【質問】

当社は日本に本社のある企業で、欧州には現地法人や支店などは有していません。当社では、欧州Amazonを利用して売上拡大を目指しています。現在、英国とイタリアのFBA倉庫を利用して欧州各国に対して商品を販売しようと考えています。

英国とイタリアのFBA倉庫からの1年間の販売予定金額は下記の金額です。
英国  10,000£
ドイツ 200,000Euro
スペイン 20,000Euro
イタリア 33,000Euro
ギリシャ 40,000Euro
この場合、当社はどの国でVAT登録をすべきですか。

【質問】

まず、貴社はFBA倉庫を利用しているため、英国とイタリアにて物品を輸入し、且つ物品を保管し、販売しています。このため、貴社は英国とイタリアにてVAT登録を行う必要があります。(これはたとえ販売金額が100£など少額の場合でも義務となります。)
次に、これらのFBA倉庫からドイツやスペイン、ギリシャ等への物品販売が行われる予定かと思いますが、現在の年間の販売予定金額を鑑みるに、ドイツとギリシャにおいて消費者通信販売の特例のしきい値を超えているため、ドイツとギリシャにてVAT登録を行う必要があります。

VAT登録サービスに関するお客様の声

EC_user_voice.jpg

当社では国内及びアメリカでのAmazon、また楽天を利用して玩具を販売していました。ペイオニア等の利用もあり、年商も1億円程まで伸ばすことができました。しかしアメリカでは日本のAmazonとさほど価格差が無いため利益率としては低く、欧州Amazonに挑戦することにしました。

欧州Amzonでは米国と異なり、Amazonアカウント開設の際にも、VAT番号の取得も求められるため、非常に取り組み難い印象がありました。また、VAT登録だけしても、実際にAmazonでの運用実績のある会社でないと難しいと考えていました。その点、オプティでは数多くのAmazon向けのVAT登録を経験しているだけあって、全ての書類対応がスムーズで、数週間程でVAT登録が完了しました。実際にVAT登録をした後の税務申告も、Amazonアカウントからのデータを連係して対応して頂くだけなので、自社では何か新しいことを行う必要が無く、書類申請に関して手間が全く掛かりませんでした。

また今後欧州での拠点開設も考えており、現地にて人も雇用していくため、物理的な拠点のあるグローバルファームであるオプティにお願いしようと思います。

現在は1カ国でのVAT登録ですが、売上も順調に伸びているので、今度は数カ国でのVAT登録を考えている最中です。

国内事業者様(EC販売)

最新の投稿

新規CTA      新規CTA      新規CTA

Amazon VAT登録はオプティにお任せください

お問い合わせ