輸入VAT(Import VAT)還付でロジスティックコストを削減

飛行機代86

欧州での輸入VATは輸入物品の20%〜27%も

欧州において日本企業が輸入者となる場合、この日本企業は現地のVAT(付加価値税)を支払う必要があります。

具体的には、インコタームズをDDP条件として、日本企業が現地で輸入者となるような取り組みです。

欧州のVAT料率は20%〜27%程と、非常に効率です。このため、輸入時の物品が高額であればあるほどVATが巨額になります。そしてこれら現地の輸入VATを還付することは可能です。

しかしながら輸入VAT還付には税務上の知識のみならず輸出入の知識も必要であり、また様々な手続きを事前に対応していなければいけないため、VATの専門家であっても対応できない専門家が多いのも現状です。

当社では製造業の大型設備やプラント等、大型の機械設備の欧州への輸出支援を国際間接税の立場で実施しており、多くの実績を誇っております。また、製薬業界等での欧州輸出の際の還付にも多くの実績がございます。

是非当社の輸入VAT還付サービスをご検討くださいませ。

VAT登録