eコマースVATパッケージ

2020年7月25日更新:英国は2021年1月1日のVATマーケットプレイス負債改革を検討中 2020年5月8日更新:2021年EUのVAT電子商取引パッケージは、この改革を含めて2021年7月1日まで延期される。

2021年7月1日、欧州連合(EU)の27の加盟国は、B2C電子商取引の売り手とマーケットプレイスのVAT義務に関する抜本的な改革を導入する。これには大きな変更点が含まれています。

 

EUのワンストップショップ(One-Stop-Shop)VAT申告制度の開始 

低価値輸入VAT免除と新たなIOSS申告の終了

マーケットプレイスをサプライヤーのVATとみなすようにする。

フラッグシップ改革により、一部の売り手は、EU全域で複数のVAT登録を行う代わりに、EU域内でのすべての売上を自国で単一のVAT申告書で報告できるようになる。その目的は、コンプライアンス義務を軽減することで、国境を越えたオンライン取引を促進し、EUのデジタル単一マーケットプレイスにおける取引を促進することにあります。

 

また、加盟国は、輸入の抜け穴を塞ぎ、オンラインマーケットプレイスが販売者の代わりにVATを徴収するようにすることで、50億ユーロに上る電子商取引のVAT不正行為のギャップに対処しようとしています。

 

本ガイドでは、主要な改革の概要と、それが売り手とマーケットプレイスの義務にどのように影響するかを説明します。これは、2021年7月に予定されている3つの主要な改革に基づいています。

 

  1. 1. eコマース遠隔販売のためのEU単一のVAT申告書

 

この改革が施行されると、既存の「遠隔販売のしきい値」の簡素化は廃止されます。これに伴い、EU域内の単一のVAT申告システムであるワンストップショップ(OSS)の導入が予定されています。本国からEU域内の顧客に商品を出荷する販売者は、OSSを使用して汎EU域内のすべての売上を報告することを選択することができます。これは、売り手が関連する国間距離販売の閾値を超えた時点で、各国でVAT登録をしなければならない現行の要件に代わるものです。これは、デジタル、通信、放送サービス(ストリーミングメディア、電子書籍、アプリなど)のB2C販売のためのEU単一申告の試みに成功した2015年のMini One-Stop-Shop(「MOSS」)の延長線上にある。

 

影響。2021年までは何もアクションを起こす必要がないことに注意が必要です。2021年7月以降、一部の電子商取引販売業者は、外国のVAT登録を終了することができます。その代わりに、母国の税務当局に四半期ごとにOSSの申告書を提出することができます。EU域外の販売者もOSSを利用することができます。OSSには、EU加盟国別の売上、使用したVATの割合、VATの期限が記載されます。このVATは本国の税務署に支払う必要があります。

 

注:他のEU加盟国の倉庫に在庫を保有している販売者は、2021年7月の改革後も、外国のVAT登録を維持しなければなりません。これには、フルフィルメント・バイ・アマゾン(FBA)プログラムを利用する販売者も含まれます。マーケットプレイスファシリテーターを利用する販売者には例外があります(セクション3参照)。

 

遠隔販売に加えて、B2Cサービスやイベント主催者はOSSを利用することができます。

 

  1. 輸入VAT免税の抜け穴を閉じる - 輸入「グリーンチャンネル

 

2021年7月より、消費者への配送を目的としてEUに輸入される小包に対する22ユーロのVAT免除が廃止されます。この免税は、多くの売り手がVATを避けるために商品の輸入価格を誤って、あるいは意図的に過少申告することで、大きく悪用されてきました。その代わりに、150ユーロを超えない委託品については、販売時点でVATを請求しなければなりません。このVATの申告と支払いは、新たに「輸入ワンストップショップ」(IOSS)を介して行うことができるようになりました。これにより、より効率的なファストトラック、つまり「グリーンチャネル」と呼ばれる、迅速かつ容易な通関手続きが可能になります。

 

影響。2021年7月から、EU以外の売り手はすべての輸入品に付加価値税(VAT)を課さなければならなくなるため、EUの売り手は価格面で不利益を被ることはなくなります。EU域外の販売者は、150ユーロ以下の出荷で影響を受ける輸入品についてVATを申告するために、EUの1つの州でIOSSの登録を行う必要があります。これは「非EUスキーム」として知られています。しかし、非 EU 加盟国の販売者は、少なくとも 1 つの EU 加盟国で 1 回の定期的な VAT 登録が必要となります。マーケットプレイス(マーケットプレイスとみなされる供給者の規則を参照)や配送サービスが、VATの報告と支払いを代行する場合もあります。売り手が IOSS を使用しないことを選択した場合、顧客は、商品にアクセスするために配送業者または通関業者に支払いをしなければなりません。

 

  1. マーケットプレイスがみなしサプライヤーとVATコレクターになる

 

2021年7月の改革では、第三者を介して消費者への国境を越えた販売を促進するマーケットプレイスが、特定のケースでは「みなしサプライヤー」になることを義務付けることになっている。これは、完全責任体制とも呼ばれています。このマーケットプレイスの付加価値税の責任は、製造物責任にも及びます。

 

EUは、「促進」を「売り手と消費者が一堂に会し、国境を越えて商品を供給するための契約を締結することを支援する電子プラットフォーム」と定義しています。新しいみなし供給者制度は、マーケットプレイスがB2C販売を促進している場合、150ユーロを超えない輸入品と、EU加盟国以外の売り手のためのあらゆる価値の越境または国内取引の遠隔販売の2つのケースに適用されます。マーケットプレイスがこの制度をオプトアウトし、VATの義務を販売者の配送会社に移すことも可能です。

 

影響。2021年7月以降、マーケットプレイスは、みなしサプライヤー取引に関するVATの請求と徴収の責任を負うことになります。ただし、マーケットプレイスは製造物責任や規制上の義務を負わない。150ユーロを超えない輸入品については、輸入VATの代わりに、マーケットプレイスが販売時点で顧客にVATを請求し、販売者の代わりに申告することになります。EU加盟国と非EU加盟国の両方の売り手は、VAT義務の軽減の恩恵を受けることができ、一部のEU加盟国では登録を解除できる可能性があります。

 

IOSS登録