ペイメントプロバイダーにEコマースデータ提出義務

Gavel resting on sound block with european union flag in background

2019年11月9日、EU加盟国の財務大臣はペイメントプロバイダーに対して、Eコマース取引の取引日を提供する案を可決しました。この新しい法案は2022年に施行される予定でしたが、2024年1月1日からの施行となりました。

EU経済財務省理事会では、非EUビジネスがEU企業と同様のしきい値を利用できることを合意しました。この措置は2025年に施行されます。支払情報のデータベースが今後作られる予定です。

クレジットカード会社はVAT詐欺と戦う支援に

また、クレジットカードとデビットカードイシュアーに対して、クロスボーダーのEコマース取引の際の情報を各国税務当局に提出するよう要請しました。このデータは反VAT詐欺の専門家に提供され、クロスボーダーでのVAT取引(主に非EU企業のEコマース取引が対象)の際のコンプライアンス違反を監視することになります。