オーストラリアVAT登録のしきい値の上昇

Light bulb and drawing business strategy at background

オーストリア議会では現在30,000ユーロのしきい値を2020年1月より35,000ユーロへと引き上げる提案がなされています。但し非EU企業が物品販売する際、最初の販売時にVAT登録義務が発生するため、今回のしきい値の上昇により何らの影響を受けるものではありません。

 

この変更は修正税法案の一部であり、すでに先週下院で可決されました。現在は上院で審議中です。VATに関するその他の法案としては

・EU VAT法制の”Four Quick Fixes”の導入(連鎖取引、コールオフストックルール、クロスボーダー取引の輸送証明、域内取引の際のVAT登録証明の提示等)

・E-bookのVAT料率が10%と紙の書籍と同率に。

 

300_300_disclaimer
 
免責事項
当コラムには一般的な情報のみが掲載されており、読者のみなさまご自身のリスクにおいてご使用いただくことを前提としています。また、情報の精度向上には努めておるものの不正確な情報を掲載することもあります。当コラムの読者のみなさまは、何らかの決定を下したり行動をとったりする前に、適切な資格を有する専門家にご相談いただく必要があり、当コラムを使用したことに起因する損失のリスクおよび責任は全て、当コラムの読者のみなさまご自身に負っていただくものです。

人気の記事

IOSS
越境EC E-book
国別VATデータベース