外国企業のしきい値の変更

Shopping Concept - Small Flag on a Map Background with Selective Focus.

EU議会は2019年11月9日に非EUビジネスに対して、国内ドメスティックビジネス同様のしきい値を該当させることを合意しました。この新しい方式は2025年1月に施行されます。

VAT詐欺と戦うため、EU経済財務省理事会において、各加盟国の財務大臣はVATデータのレポート義務の詳細を同意しました。この方法は当初2022年に施行予定でしたが、遅延され2024年より施行されます。

非EU企業はコンプライアンスコストがより高価に

現在、EU加盟国では小規模事業者に対して免税措置を取っています。しかし、EU加盟国外の企業が別の加盟国で販売を行う際、売上ゼロのしきい値に直面しており、ローカル会社と比べて競争劣位に置かれています。

EU加盟国は国内企業と外国企業が同じVAT登録のしきい値とすることに同意しました。この閾値は年間85000ユーロを超えることは出来ません。しかしながら、外国企業がこの恩恵に預かることができるのは、EU域内での売上が100,000ユーロ以下の場合のみとなります。

お問い合わせ