Amazon輸出、日本から直送する3つの方法

 


 

今昨、Amazon輸出のビジネスを始める方が多く、Amazonでの海外展展開のサポート業務を行っている弊社にも様々な問い合わせが入ります。

そこで今回はAmazonでの海外輸出を始めたい方向けの商品の配送方法を紹介したいと思います。

Amazonの海外輸出では、日本から購入者に直接配送する場合と、日本から現地の倉庫に配送し現地倉庫から購入者に配送する場合と2種類あります。なお、FBA(Fullfilment by Amazon)倉庫は後者に当たります。

そこで、今回は前者の”日本から購入者に直接配送する場合”で、「少数の商品を日本から直接発送する方法」について3つの配送方法を記載したいと思います。

(参照)海外Amazon販売で使える11のツール 

 個人配送は日本郵便のサービスを利用

Expressions-16.jpg

 

FedexやDHLなどの欧米の配送会社も使用することは可能ですが、少量の場合には料金が高くなる傾向があります。このため、少量の場合には、日本郵便の配送を利用して海外へ商品発送する方法がコスト的には最もお安くなります。

日本郵便webサイトーサービス比較表 http://www.post.japanpost.jp/int/service/compare.html

スクリーンショット 2017-09-15 17.13.48.png

スクリーンショット 2017-09-15 17.14.14.png

※日本郵便のホームページより引用

比較表をみてもわかるように、用途に合わせて様々な配送方法があります。

Amazon輸出では、多くの場合2つの郵送方法が使われています。今回はEMS(国際スピード便)、SAL(エコノミー航空便)と小型包装物ご紹介したいと思います。それぞれに特徴がありますので、ご自身のニーズに合わせて発送して頂ければと存じます。

海外への商品の発送となると難しく考えがちですが、実際は難しい作業ではありません。事前に配送プラン(配送日数・料金など)を明確にし、それに合ったプランを探せば、簡単に配送することができます。

税務コンサルティング

1. EMS(国際スピード便)

日本郵便webサイトーEMS:https://www.post.japanpost.jp/int/ems/

 《特徴》

・発送伝票がある

・追跡番号付き

・最高200万を限度とした実損額の保証

2〜5日程度で各国のお客様にお届け

・地域によっては、配達予定日検索が可能

 

取扱国・地域一覧

日本郵便webサイトーEMS, 取扱国・地域一覧:

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/country/index.html

 

料金表

日本郵便webサイトーEMS, 料金表:

http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/ems_all.html

スクリーンショット 2017-09-15 17.22.18.png

※日本郵便のホームページより引用

EMSは荷物の重さと地域によって料金が変わってきます。上記の日本郵便引用の画像には5.0kgまでしか記載されていませんが、30.0kgまでの重さの荷物に対応しています。

 

新規CTA

 

 2. SAL(エコノミー航空便)

日本郵便webサイトーSAL便:https://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/sal.html

 

《特徴》

・日本国内と到着国内では船便として扱い、両国間は航空輸送するので、船便より速く、航空便より安いサービス。

・受取人様の住所の国に届くまで、6~13日程度(EMSは2〜6日で到着)。また、相手国の取り扱いによっては、さらに日数がかかる場合あり。

 

《取扱国・地域一覧》

日本郵便webサイトーSAL,取扱地域・国:http://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/sal_ichiran.html

代表的なAmazon輸出先の国は含まれています。

 

《料金表》 

日本郵便webサイトーSAL, 料金表

http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/parcel3.html#

第3地帯の料金表(オセアニア、中近東、北米、中米、西インド諸島、ヨーロッパが含まれます

スクリーンショット 2017-09-15 17.30.40.png

 ※日本郵便のホームページより引用

SALもEMS同様に、荷物の重さと地域によって料金変わってきます。上記の日本郵便引用の画像には5.0kgまでしか記載されていませんが、30.0kgまでの重さの荷物に対応しています。

こちらのSAL便で500gまでの商品を発送する場合の料金は2700円です。同様にEMS便で500gの商品を発送する場合は、ヨーロッパで2200円と記載されています。つまり、軽いものは、地域によっては安いと言われているSAL便より、EMS便の方が安く・早く送付できるいうことがわかります。注意して価格を比較しないといけないことがここからわかります。

 小さくて軽い商品を送る場合は、より安いプランもあります。

 

3. 小型包装物

日本郵便webサイトー小型包装物http://www.post.japanpost.jp/int/service/small_packing.html

 

《特徴》

・重さは最大重量2kgまで

・発送方法は、航空便・SAL便・船便

・速達・書き留め・受取通知のオプションサービスあり

 

《料金表》

日本郵便webサイトー小型包装物料金表:

http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/normal2.html#

スクリーンショット 2017-09-15 17.40.56.png

※日本郵便のホームページより引用

 

小型包装物での配送は、小さくて軽いものを送る場合にもっとも安いプランです。しかし、配送日程などはきちんと確認する必要があります。例えば、500gの荷物を送る場合、580円で海外に発送できます。このように、小さなものからAmazon輸出を始めたいという方も、配送というハードルはそこまで高いものではないと言えます。

 

 

 終わりに

今回のブログでは、Amazon輸出の"日本から直接配送をするパターン"の配送方法について3つ紹介しました。3つとも、日本郵便のサービスを使用するので海外に発送する場合でも難しい行程ではありません。

最も使用されているのはEMSです。この理由として、配送が早く、追跡もできる等の理由が挙げられます。実際に弊社のクライアント様でもEMSを利用している方がほとんどです。しかし、商品によってはより安いプランでの配送も可能です。今回のブログで紹介させていただいた3つの方法を参考にして、自身の売る商品と戦略を元に、適切な配送方法を選ぶことが重要であると言えるでしょう。

このブログのソースを利用して、適切な配送方法を見つけ効率的にAmazon輸出を実現させましょう。

 

AmazonVAT登録申し込み

 

アップルとアマゾンへの巨額追徴税

新規CTA